ソフトフォトニクスのページへようこそ!

新素材「フォトニックラバー」  変形で色が変わる弾性素材

 

新素材、フォトニックラバーは、変形で色が変わる弾性素材です。

弾性母相の中にナノ粒子の周期配列構造が埋め込まれています。

ナノ粒子の周期配列はフォトニック結晶と呼ばれる、光と共鳴する構造です。

粒子間隔に依存した特定の波長の光が強く反射されます。

その結果、色づいて美しく輝きます。

フォトニックラバーは、元来その材質は無色透明です。

それが、このようなナノ構造に起因して発色しているのです。

引っ張ったり圧縮したりして変形させると、ナノレベルで粒子間隔が変わります。

そして、反射光の波長がシフトし、色が変わります。

変形や応力を色変化に変換する材料とみることができます。

その色合いは独特です。

変形を色変化で見たい要求はないでしょうか?

広くアプリケーションのアイデアを募集しています。

 

※事業者向け用途開発検討用の、有償サンプル提供を行っております。

 (標準サンプルのカタログは「お問い合わせ」フォーム、または、下記のメールアドレスまでご請求ください)